良いジャガイモの選び方 重量感があるものをチョイス?

基本的にチェックするところは、じゃがいもに傷がなく、ふっくらとして重みがあり、表面にシワがよっていない物を選びましょう。見た目の色も重要です。
どんなじゃがいもを選ぶ場合でも、芽が出ていないものを選ぶというのは言うまでもありません。

緑の皮や芽を食べると、お腹が痛くなったりめまいを起こしたりするので、注意が必要です。

ジャガイモの保存方法

じゃがいもは、泥のついたまま冷暗所で保存しましょう。
水気があると腐りやすいので、紙袋や新聞紙にくるむか、ダンボールごと風通しのよい場所に置くと良いです。
じゃがいもは長持ちするので、夏でも1週間は保存可能。5℃以下の冷暗所であれば1~2ヶ月は持ちます。

ジャガイモはそのままでは冷凍保存に向いていません。食感が大きく変わって美味しくありません。
マッシュポテト状態であれば冷凍可能。

参考にしたいリンク

マリー・アントワネットとじゃがいもの気になる逸話?

素材のうまみを活かしたじゃがいもおやつの作り方まで◎

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ