はじめての一人暮らし、家賃は収入の3分の1というけど……?

一般的に、家賃の目安は「月収の3分の1」と言われています。毎月の月収が18万円なら家賃は6万円、月収が24万円なら8万円が上限ということになりますが、実は月収が12万円でも30万円でも同じように「月収の3分の1が目安」というわけではありません。

一人暮らしで1ヶ月の費用、つまりは生活費は次のような項目があります。

食費
家賃
水道光熱費
雑費

少ないと思われるかもしれませんが、大まかなものは以上のようになります。洋服代や飲み代などは各個人によって異なりますので、1ヶ月の費用の中には含めておりません。雑費としてそれぞれが把握する必要があります。

どんな生活をするのかによって、どこにお金をかけたいかは人それぞれ。ファッションや美容に興味のある人、ゴルフや旅行に何度も出かける人もいれば、家でゆったりと過ごしたい人、貯金したい人など、ライフスタイルによって必要となる金額が変わります。

私は1人暮らしを始めてかれこれ8年近くなりますが、最近自分の生活費が少し高いのではないかと思い始めました。

すぐさま引っ越すとは限りません、2年目からは手取りが下がります。

実は、入社2年目に手取り額が減るのです。今回は、そのわけをご紹介しましょう。

入社2年目の手取り額が減る理由は「住民税」です。住民税には1年の所得(1月から12月まで)に対して支払う「所得割」があります。この住民税の所得割は、前年の所得に対して支払います。つまり、住民税は前年の1月から12月の所得に対してかかってくる税金です。

よく、一人暮らしの食費は節約の基本というけど……?

1人暮らしを初めてかれこれ1年近くになりまして、初めはこまめに自炊してましたが、少したってからは外食ばかりです。
でも毎日外食となるとやはり毎月の食費もばかになりません。
学生時代に1人暮らしをしていた友人がいたのですが、その時に食費を聞いたところ毎月1万円あれば十分だと言ってました。
と言っても雑な食事ではなく、一度ご飯をよばれた時にはご飯とインスタントの味噌汁にあとはおかず2品くらいありました。
基本的に朝は食べてなかったようですが、お昼は大学の近くに下宿してたんで毎日帰ってました。

一人暮らしで毎日、自炊する場合、仕事終えて帰宅して作るとなると正直しんどいですよね。

意外と難しいのは自炊、社会人になると他の要因でスケジュールがみだれることも多々あります。学生でも困難…

勉強やサークル、バイトなどに明け暮れていて、自炊する時間がまともに取れない。

さて、是非とも知っておいて欲しい考え方です

資産形成=(収入-支出)+(資産×運用利回り)

1. 収入を増やす

2. 支出を減らす

3. 資産運用の利回りを上げる

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ