自作パソコンデスク兼テレビボード

写真は手作りのようです。
長細い板の天板に、パソコンやプリンター、テレビや写真立てなど色んなものが置けます。

棚を部屋の真ん中に置いて、パソコンコーナーと寝室を区切る。

ワンルームのお部屋に向いているインテリアですね。玄関をあけたらすぐに部屋が見渡せるような間取りは、こうしてベッドを隠すと居心地的にも風水的にもいいっぽい。

シルバーラックでオトコの仕事部屋

黒やシルバー系の色合いのデスクに、シルバーラックを合わせると硬派で洗練された雰囲気になります。

ロフトベッドの下に

出典matome.naver.jp

ロフトベッドの下に

ださくしないポイントは色と質感を統一すること

ワンルームの狭いお部屋でもOK

ベッドとデスク、椅子の色合いを合わせると更によし。

ダイニングテーブルとデスクを兼用したアイデア。

出典reroom.jp

ダイニングテーブルとデスクを兼用したアイデア。

ノートパソコンや書類仕事をする場合に向いています。

ダイニングテーブルとして使う時は仕事道具を収納できるように、近くにキャビネットやキャスターつきワゴンなどを用意しましょう。

カラーかわいいコーディネイト。

出典reroom.jp

カラーかわいいコーディネイト。

ベージュ、ブラウンにまとめたナチュラル系のコーディネート。

無印っぽい家具

パーテーションでワンルームでも書斎が!

パーテーションを並べることで壁ができる上に収納も。
机周りに収納が多い方が良い+ワンルームという方にぴったりの配置です。

いろどりみどり

出典reroom.jp

いろどりみどり

お部屋のカラーコーディネートはキーカラーになる色は1~2色が鉄則といわれていますが、ベースの色を一食にして、キーカラーをすべて違う色合いにするのも一つの手です。
キーカラーの割合は限られますが、写真のようにおしゃれで都会的な雰囲気が出ます。

広めのワンルームをうまく使ったレイアウト。

出典reroom.jp

広めのワンルームをうまく使ったレイアウト。

導線を配慮しつつ、家具の高さ順で並べることで部屋の奥行きを感じさせます。
奥に行くごとに低くさせるのがポイント。

ホワイト家具でプチ・ロマンティック

デスク、テレビ台、本棚、キャビネットなど家具をすべて同じ色で統一。
白で統一というのも素敵ですが、これは壁・天井の色と同じにすることがポイントだと思います。

狭いワンルーム向けコーディネート

壁沿いにコンパクトで高さがそろった家具を並べるコーディネート。

おうちカフェのようなレトロ風ワンルーム

家具の一つ一つが洗練された、しかし落ち着く雰囲気のカフェ風コーディネート。やはりベージュ・ブラウン系の配色は簡単で、素敵な雰囲気になりますね

木のぬくもりで安らぐ、「カフェ風」コーディネート♪

便利な伸縮デスク

L字のデスクは合わせると一つのキャビネットに…なる、と思います。簡単に配置換えができる家具は一人暮らしにはもってこいですね。

おしゃれなカフェ風の部屋作り

コンクリートの床にダークカラーの壁紙。
床と壁紙の色が違うだけでかなりオシャレになります。
そこにシンプルな収納と、大きすぎない家具が部屋を更におしゃれに見せていますね。

他の家具と色合いを統一

基本的な事ですが、家具の色系統は統一した方がいいです。

本棚に天板を乗せて机に

出典heyamite.com

本棚に天板を乗せて机に

カラーボックスに天板を乗せて、固定すると簡単で安くデスクが作れます。
カラーボックスや天板は自由に選べるので、市販にはないような色の組み合わせなど、オリジナリティーが出せます。

壁一面のデスク兼収納

壁一面にデスク兼収納が。写真は建付けのものでしょうが、壁の幅に合わせたカラーボックスと天板を並べれば同じ雰囲気になります。
窓がある面の壁に並べれば、それはまた違う雰囲気で素敵ですね。

備え付けのカウンターデスク

こちらも備え付けのカウンターデスク。
フリーデスク(天板と脚が選べるデスク)を並べれば再現できるかも。

窓辺に置いて採光ばっちり。

窓際に机を配置。明るい雰囲気で気分よく作業できますね。夏などの日差しが強い日は暑いかもしれませんが、それは遮光カーテン・ブラインドで工夫しましょう。

他の家具と一緒に、幅を壁に合わせて配置

出典zexy.net

他の家具と一緒に、幅を壁に合わせて配置

デスク、棚の幅を計算して、壁一面に家具を配置。高さがそろっていれば尚良し。

こんな広い部屋にすみたい

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ