青汁の代表的な原材料とは?

大麦若葉

大麦若葉

麦の一種である「大麦」の若い葉の部分。
他の緑黄色野菜と比べ、ビタミンとミネラルのバランスが良く、豊富に含まれています。
栄養素は、ほうれん草と比べると、カリウムが約18倍、カルシウムが約11倍、マグネシウムが約4倍も含まれています。その他、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄なども補えます。

青汁としてはかなり飲みやすく、初心者の方にもおすすめです。

ケール

ケール

キャベツの仲間であり栄養が豊富ですが、クセのある味なので好みが分かれます。
野菜の中でも栄養価が高く、ビタミン・カルシウム・鉄分などのミネラルや、葉緑素や繊維質もバランスよく含まれています。カルシウムは牛乳の2倍、ビタミンCはみかんの2.5倍、カロテンはピーマンの7倍とも言われています。

明日葉

明日葉

青汁にしても特有の苦味が残るため、好みの分かれる味です。

ビタミン・ミネラル・食物繊維のバランスが良く、良質のたんぱく質も含まれています。
カルコンやクマリンといった特徴的な成分が注目されています。

青汁の代表的な健康効果とは?

○生活習慣病リスクの軽減

高齢者だけではなく、若いうちから予防のために飲む続けることで、リスクが軽減されます。

肉は嗜好性の高い食品で、好む方が多いのは自然でもあります。しかし摂り過ぎは大変危険。十分な野菜を摂っていれば問題は有りませんが、「野菜不足・苦手、かつ肉好き」は各種生活習慣病リスクが高くなります。このリスクを低減してくれるのが青汁です。

出典http://青汁効果比較.com/kouka.html

"これらの病気には自覚症状はありませんが、合併症として心筋梗塞や脳梗塞、ガン等を引き起こすことから注意が必要です。 初期段階から対策を施す必要があります。
その代表的な対応として挙げられるのが「食生活の改善」で、それをサポートするアイテムとして注目されているのが青汁です。
青汁は不足しがちな栄養をたっぷり含んでいるため、生活習慣病の予防・改善に最適なのです。"

○老化の防止

健康面からも美容面からもアンチエイジングの効果が抜群です。

青汁のアンチエイジング成分として、ビタミンCやビタミンAは「粘膜系」とも言われ、粘膜や細胞膜を強化してくれるのですが、このことによって病気にかかりにくい身体を作ってくれるのですが、結果として、お肌の細胞にも張りを与えてくれる、といったように、アンチエイジングは健康がその裏打ちになっているのです。

"若返りの成分とも呼ばれているメラトニンは、今や世界的に注目されている美容成分です。
このメラトニンが青汁にはたくさん含まれています。青汁の原料として多く使用されているケールには、メラトニンがキャベツの5倍含まれているのだとか。青汁を1杯飲むだけでもアンチエイジング効果が期待でき、毎日続けて飲むことで老化しらずの美肌を手に入れられるでしょう。"

出典http://青汁比較.jp.net/basics/entry73.html

○便秘の改善

便秘は腹痛以外にもたくさんの健康障害を引き起こしてしまいます。

http://matome.naver.jp/odai/2136003206045016101

"女性に多い悩みが便秘、それに伴う不快感、「お腹ぽっこり」等です。こちらは食物繊維をたくさん摂ることで改善傾向となるのですが、なかなか摂りづらいので悩む方も。青汁なら毎日一杯を飲むだけでも、たくさんの食物繊維が取れます。"

出典青汁効果比較.com

食物繊維が腸まで届き、腸壁を刺激して大腸の蠕動運動を促進します。
また、食物繊維は腸内の異物を吸着して、体外へ排出してくれます。

続けやすい青汁を見つけることが大切!

青汁を上手に利用するためには、なんといっても「毎日続けやすい」ものを選ぶことが重要なポイントです。
特に、これから青汁に挑戦したい方・これまでの青汁が苦手だった方には、やっぱり「大麦若葉」の青汁がオススメです!

中でも、素材の新鮮さや栄養価を損なわない「生しぼり製法」で作られているものだと更に嬉しいですね。

味が青臭さもなく、苦くないので飲みやすいです。
野菜が苦手な我が家の小学生にも好評です☆
なんだか翌朝お通じがすっきり出て、肌のぶつぶつが気にならなくなりました♪

とにかく肌の調子がいいです!!!洗顔後の肌がつるつるだし、なんとなく体が疲れにくい感じ。
お通じも飲んで3日目から毎日出ているのも嬉しいです。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ