体調管理も自分の仕事です。

 朝食は1日のスイッチを入れる、昼食は消費エネルギーを補填する、夕食は体を作る――。蒲池教授は意義を強調する。特に重要なのは朝食。

同志社女子大学の小切間美保教授は1日3食の重要性を、脳へのエネルギー供給の点から訴える。人は脳活動の栄養源であるグリコーゲンを1日当たり約120グラム必要としている。だが、肝臓で作られるグリコーゲンは1回の食事で最大60グラムが限度で、5~6時間しかもたない。食べ過ぎないで1日2食を実践したとしても、グリコーゲン不足になる可能性がある。

1. なるべく自炊。外食はできるだけ避ける。

自炊は節約の基本中の基本ですね。
外食すると1食につき300円前後はかかったりしますが、
自炊だと100円前後で作れちゃうものが多いです。
レシピの載っているサイトを紹介します。

Regular Ordinary Swedish Meal Time - Chop Chop Carnage Stew ( Alternative Pyttipanna )

※食べ物を粗末にしてはいけません。

2. 一人暮らしにはほぼ必須のケトル。

ケトルさえあれば、カップラーメンを作るためにわざわざコンロを使う必要はありません。
ケトルでお湯を沸かしたほうが早い・簡単・楽です。

3. 夏は台所やお風呂場、トイレの掃除を頻繁にする。

特に台所やお風呂場は、掃除しないとすぐにハエなどの虫が沸きます。
虫が苦手な人は週2日程度のペースで掃除するようにしましょう。
燃えるゴミの日の前日の夜に掃除するのがオススメです。

4. スーパーのWebチラシを活用する。

一人暮らしの方で新聞をとっているかたはあまりいないと思います。
スーパーだけに限らず、家電量販店や洋服屋などもチラシを毎日チェックするようにしましょう。

5. 病院の場所を調べておく。

季節の変わり目は風邪を引きやすいです。
自分が風邪を引いてしまっても、自分でご飯を作ったり掃除や洗濯をしたりしなければなりません。近くにある病院の場所は覚えておいたほうがいいです。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ