最も多い悩みは?

カギを無くして部屋に入れなくなった

準備しておけば安心

風邪薬など基本的な薬を準備しておく

最低でも、風邪薬、胃薬、痛み止め、シップ類などを常備しておきましょう。常識ですが、大家さんや管理人さんなど、挨拶をかわしておくのも大切です。

スペアキーを作り、友人、家族、会社などに置いておく

1つは大きなキーホルダーにつけて、もう1つは財布になど分割して予備用を持っておくという対処法が多いようです。

自炊の悩みや出費がかさむ

キッチンが狭く料理を作るのに時間がかかる

無駄遣いを注意する人がいないので、つい出費が多くなる

自分だけしか住んでいない部屋は、収納できるスペースがまだある!と錯覚を起こし、つい衝動買いをしてしまう原因にもなっているようです。

家事はルールを決め、食費は作り置きで浮かす

普段はコロコロ、掃除機は2週間に1回などルールを決める

粘着テープや、ホコリ取りのシートなどを使って普段から掃除しておけば綺麗に保てるそうです。

自炊で節約するなら、『大きめの冷凍室』が必要

料理は週末などにまとめて作り、小分けにして冷凍庫で保管

食べたい分だけレンジでチンすれば、楽で時間もお金も節約できます。

精神的に病む事も…

隣人の騒音など、規則正しい生活が妨げられてツライ

一人暮らしを始めてしばらくすると、なんとなく気分が落ち込む

ちょうど5月病と呼ばれる時期になると、そういった人が多くなります。

友人などへ相談が1番ですが、誰もいなければ…

生活の上での困りごとの相談は、「#9110」の電話相談を利用する

各警察署でも相談内容に応じた専門の係員が皆さんの立場に立って対応しています。
※詳しい内容は、下記に詳しく記載されています。

悩みなどを聞いてくれる「0570-064-556」の電話相談を使う

電話をかけた都道府県の相談機関につながります。
※受付時間などは、下記に詳しく記載されています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ