テーブルを購入、その前に

家に来客が多いかを考える

四角いテーブルだと2人掛けもしくは4人掛け、片側を壁につけておいて3人掛けとして使えます。丸や楕円のテーブルは、柔軟に使うことができます。

選ぶポイントは高さと大きさ

食事をする、モノを書く、パソコンを使うなど生活のスタイルに合わせたものを選ぶことが重要です。

テーブル面にノートや本、ノートパソコンなどを広げて余裕のある大きさが理想

一人暮らしのテーブルは、机がわりになることが多いです。

部屋の広さを考えておく

平面的にシュミレーションをしてみる

テーブルやソファはサイズをきちんとおさえておかないと、床の見える面積が小さくなり、窮屈に感じてしまいます。

他のインテリアとのバランスもしっかり考えましょう。

部屋を広く見せたいなら、「ガラス製の天板」

ガラス製の素材だと、サイズが多少大きくても部屋に圧迫感を与えません。

見た目もスタイリッシュでオシャレです。

スペースを有効に使いたいなら、「丸いもの」より「四角いもの」

丸いものは、四角のものよりスペースが必要になります。

直線なので、壁に付けて利用できますね。

ローテーブルの選び方

【基本1】ローテーブルには座って食事をする「ちゃぶ台」的なものと、ソファに座ってお茶などを置くタイプの2種類。混同すると、使い勝手が悪くなるので注意

【基本2】テーブルと座る人との間に30cm、またテーブルの横に60cmぐらいのスペースが必要

このスペースを確保出来れば、テーブルが邪魔にならないです。逆に言えば、これぐらいのスペースが確保できる大きさのテーブルを選べばよいです。

飲み物や雑誌、リモコンをおくために使うのであれば、一般的な高さである35cm

ソファを置くカフェスタイルなら65cm以上のものが落ち着き感が増す

注意しておきたいこと

なるべく軽いものを選ぶ

掃除をする時に動かすのが楽です。

テーブルは、モノが集まりやすいので、散らかる元になる場合もある

テーブルの上が物で溢れていると、それだけで部屋がゴチャゴチャした印象になります。ちょっとでも気になるという方は、脚の折りたためるタイプにして、使う時だけ出すようにしましょう。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ