はじめに

冷凍保存で美味しいひとりご飯

冷凍保存を上手に活用すれば、一人暮らしでも食材を無駄にすることなく、節約につなげることができます。また、2合から3合のお米をまとめて炊いて、一膳分ごとに冷凍保存しておけば、家事にかかる時間の短縮にもなります。

ご飯は「冷蔵」より「冷凍」が美味しい

ご飯は、冷蔵室で保温するより、冷凍したほうが美味しく保存できます。

ご飯の劣化が一番進む、つまり、味が落ちやすいのが、「ご飯自身の温度が2℃~3℃のとき」「水分含有量が30~60%のとき」。ご飯が劣化すると、粘度が減少してパサパサになりますので、その状態になりやすい冷蔵庫はご飯の保存が苦手といえます。

冷凍のコツ

1. 味が落ちる前にラップをする

炊けたら早いうちにラップで包むことで、乾燥による劣化を防ぎます。

2. ご飯は一膳分の量を「平たくして」包む

適量を平たい形で保存しておけば、冷凍も解凍もスムーズに行えます。
包んだご飯は、他の食品を傷めないように、あら熱がとれてから冷凍庫に入れます。

3. アルミトレーを敷いて急速冷凍

冷凍庫にご飯を入れる際に、アルミトレーやアルミホイルを敷いておくと、冷凍にかかる時間を短縮できます。また、急速に冷凍することで、おいしさを逃がさずに保存することができます。

出典coopa.co.jp

解凍のコツ

◎上手な解凍のコツは、温度や湿度の「ご飯の劣化危険ゾーン」を一気に&均一に、通過させることです。

1. ご飯は凍ったままで、解凍処理ではなく温める(加熱する)

レンジの「解凍」機能は使わずに、ご飯を温めます。

2.ご飯をラップから取り出し茶碗や皿に入れ、ラップをかける

食器にかけるラップは、ご飯を包んでいたものでOK。
少しパラっとしたご飯がお好みなら、ラップをかけずに温めても大丈夫です。

3.まず、700Wで2分(500Wで3分)加熱してから、ご飯をほぐす

途中でほぐすことで、ご飯を均一に温めることができます。

4.さらに、700Wで1分(500Wで1分30秒)加熱する

茶碗の底を触ってみてまだ冷たいようなら、30秒単位でさらに加熱します。

関連まとめ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ